ミャンマーへ行った

ミャンマーへ行きました。
2004年の夏休みは、Myanmarに行くことにした。

旅行者によるMyanmarの主な前評判は、「人がいい」「飯が不味い」など。最近は珍しく仕事が忙しいので、賑やかなアジア都市ではなく、田舎でのんびり魂の洗濯をしてこようという計画である。また、何も無いとはいえ、仏教三大遺跡の一つであるBaganとか、避暑地であるところのInle湖など、1週間の日程ではそれなりに見所はありそうだ。

日程は、7/9に出発し、Singapore経由でYangonに入り、Bagan、Inle湖とまわって、またYangonからSingapore経由で日本に7/19に帰国する10日間である。

Myanmarはビザがいるので、品川(御殿山)の大使館で事前に取得。以前は入国の際に200$相当の強制両替があったが、現在はなくなっている模様。この辺は軍事政権なので予告無しに変更になるので注意が必要だ。あと、最近は陸路で入国もできるようになっているみたいだが、リーマン旅行者にはあまり恩恵は無い。

7/9(金) シンガポールへ脱出
しばらく仕事がやな感じで忙しかったのだが、出発前日にも開発機のHDD(バックアップなし)が、早く帰って支度をしようという目論見と一緒に吹っ飛んだ。後始末(の指示とか)で結局帰りが遅くなってしまい、午後便にした自分の先見を誉めてあげたくなった。

7/9(金)の出国便は、夕方日本を発つSQ11というシンガポール航空便。別にトラブルを予期した訳ではなく、深夜1時過ぎにチャンギ空港につく不便なフライトなので安いのだ。夜中に空港についても、町に出るわけでもなく、朝をまって乗り換えるだけなので、関係なし。

チャンギ空港のトランジットホテルは比較的安いので、朝まで仮眠をするつもりで行ってみたら満室だった。そういえば、何となく人が多いような気がする。チャンギ空港には、あちこちに無料のインターネット端末があったり、横になれる椅子があったりして、乗り換えの時間つぶしには夜でも不便はない。ネットなど見たくもないので、その他大勢の乗り換え客に混ざって仮眠。

7/10(土) ヤンゴン
8時ごろに起きて、Yangon行きの便に乗り、昼過ぎに到着。

ミャンマー国内のフライトを、日本人がやっているミャンマー国内の旅行代理店に予約をしておいたので、そのチケットを受け取る。Yangon->Bagan、Heho(Inleの近く)->Yangonともに85$。代理店の人にそのまま市街まで車で送ってもらう。後でYangonの代理店廻ってチケット探したという人と話しても、85$なら安い方だとのこと。お薦めかも知れない。

ダウンタウン中心のサクラタワーというところで車を下ろしてもらったが、この時期のMyanmarは雨季で早速雨が降っている。取り合えず、Beauty LandIIにチェックインし、両替をする。あまりレートが良くなく、1$=850kだった。50$両替したら財布がパンパンになる。インフレが激しいのもあるだろうし、高額紙幣が予告無しに廃貨になってしまうようなでたらめな軍事政権なので、通貨の信頼が低く高額紙幣が流通してないのかも知れない。ともかく、感覚がおかしくなりそうだ。

雨の中、ダウンタウンをしばし歩く。ミャンマー人は靴を履かない。みんな素足にサンダルである。旅行者もミャンマーにきたらみんなサンダルである。そこら中にあるパゴダに入るときは素足にならないといけないので、靴を履いていると面倒だからである。また、雨が降っているので足が濡れるのも前提である。男の人もスカート状の服であるロンジーを穿いているが、これも簡単に裾を持ち上げられるので便利そうだ。

ダウンタウンのスーレーパゴダ、アウンサンマーケットなどを見るが、特にどうということも無い。明日は朝早いので、ビール飲んで早めに就寝。

7/11(日)Baganへ
4時に起きて空港へ。6:30のフライトだが、気軽にフライト時刻が変更になるお国柄なので、国内便でも2時間前には空港に着いている必要がある。この便は定刻どおりに飛んで、1時間ぐらいでNyaung-U着。

空港で10$のBagan入境料を払い、チケットを貰う。空港からタクシーでNyaung-U市街に入り、めぼしをつけておいたPynsa Rupaというゲストハウスにチェックイン。4$でエアコン、バスタブ付き。従業員が日本語をある程度使えるので便利でもある。

Baganは東南アジア仏教三大遺跡の一つで、ひたすら仏塔(Pagoda)が建っている。その数、2,000。遺跡ゾーンはOld Baganと呼ばれる地域だが、基本的にホテルや店など滞在できる施設はなく、5Kmほど離れたNyaung-Uに滞在し、車や馬車、チャリなどで遺跡を見て廻ることになる。まだ午前中なので、とりあえずチャリを1日借りる。(700k/日)

昼飯を喰ってから、手始めにNyaung-Uの町にあるShwezigon Pagodaに行ってから、Old Baganに通じる メインロードを爆走。日差しが厳しいが、走っていると蒸し暑くはなくなるので気分が良い。20分ぐらいでOld Baganの ゲートに着き、そこからまずは有名どころのPagodaを目指して駈けずり廻る。

Pagodaは登れるやつと登れないやつの2種類がある。Pagodaは要するに塔なので、中には入れない。 多分レンガかなんかが詰まっているので、もしWizardryなら誤ってテレポートするとロストする。なので、Pagodaに登るときは、外周についている階段を素足でよじ登る。またこれが素足なので、日が高くなるにつれて、焼けるように熱くなるのだ。
それからたまにTempleがある。寺院である。Templeは中に仏像を安置する空間があって、大概の場合そこに仏像が安置されているが、何処へ行ってしまったのか、空間だけのも結構ある。Pagoda同様上に登れるのと登れないのがあるが、Pagodaと違いTempleの場合内部に階段がついていて、そこからテラス状の屋上に上がることになる。こっちは熱くならないのでいいかというと、コウモリだかなんだかの糞がそこいらじゅうに落ちていたりして、やっぱり気が抜けないのである。

登れないPagodaやTempleにはあまり興味がないので、登れるやつを目指してがんがん廻る。やっぱり上からの景色は最高である。「荒野に野糞が2000個」とも言うが、こういう非常識な風景を見せられると、はるばるやってきた甲斐があったというものである。視界内降水(遠くでそこだけ雨が降っている状態)も初めて見た。

有名なPagodaの前には物売りがいて、絵葉書なんかと一緒に冷たい飲み物を売っている。外国に行くと水分と糖分補給にコーラを飲むのだが(日本でも飲むけど)、MyanmarにはCokaColaはなく、MAXColaかStarColaだった。味は全く同じ。そういえばイランにもCokaColaは無かった。親米度がこれで判る?

その日一番良かったPagodaは、Dhammayazika Pagodaという南の外れにあるPagodaであった。ちょっと離れているので、道無き道を後悔しながらたまには手でチャリを押したりもしながらたどり着いたので、その分印象深いのかも知れないが、五角形の端正な平面をしたPagodaで、ディテール量も多く、建造物としてのクオリティが高かったと思う。また、Old Baganの中心部から離れているので、人が全然いないのも気に入った。とはいえ、この時期はシーズンオフなので、他の有名Pagodaでも人っけが全くないようなときもあったけど。

後は、Ayeyarwaddy河クルージングをした。30分2000kで、ベンチが並んだモーターボートで河をふらふらする。客は俺一人(笑)。面白くなくもないが、だだっ広いだけの河なのですぐ飽きる。30分にしておいて良かった。

飯喰って8時ごろ宿に戻る。例によって暑い中動きすぎて頭が痛い。久しぶりに一人だったので、無茶してしまった。長い一日だった。

Baganの写真1

7/12(月)Bagan 2日目
昨日は気がつかなかったが、朝起きると尻が痛い。あれだけ自転車乗ればあたりまえである。腕も真っ赤になっている。多分顔も同じだ。雨季だというから、つい油断をして日焼け止めを持ってこないでしまった。雨季だから日差しが弱いかというとそんなことはなく、雨も降る、というだけである。気をつけよう。

朝食時に日本人にあった。小汚い字で書かれた寄せ書きTシャツを着ていてかなり引いたが、引き気味に話を聞いてみると、仕事をやめて4,5年かけて世界を廻るその2カ国目だという。金がなくなったら働いてなどと言っているが、就労ビザがなければ犯罪である。そんな話は初対面の人間にするものではない。早速日本語恋しくなっているような感じであった。宿の従業員も同じ話を聞いていて、すごいお金持ってるんだよ見たいな目で見ていた。他人事ながら危なっかしい。

気まずい朝食を済ませて、午前中はNyaung-Uのマーケットに行ってみた。思ったより活況で、果物が旨そうだった。そのうち喰おう。

2日目は、マイナーなPadogaを廻ろうと思う。昨日、地元の人にMinNanThu村に行くと良い、と聞いたのでそこまでチャリでまた爆走しようと思ったが、道が砂道で走ることすらままならない。暑い。ザックの水も無くなりそうだ。日焼けに気をつけようと思ったのは今朝のことだったのに。目的地にたどり着けるか不安になるが、其処此処にある無名Padogaで休み休み、農作業している人に道を聞いたりして、途中観光客とは一人も会わずにMinNanThu村らしきあたりに到着。
特に何があるという訳でもないが、Old Baganと違って人が生活しているところに遺跡がぽこぽことはえていて、のんびりしたいい雰囲気である。

New Baganで昼飯を食べて、またOld Baganに行く。今日は考古学博物館と漆器博物館に行くのが目的である。
考古学博物館はむやみやたらとでかい建物で、予想よりも収蔵物も充実していた。Templeになかった仏像は、ここに持ってきてしまっているのかも知れない。ここでは、全Pagoda・Templeの油絵と平面図を展示している部屋が圧倒的だった。小冊子も売っていて、Pagodaの解説と地図が載っているのを買った。まず先にくればよかった。

漆器博物館の方はしょぼくて、展示室は一つ。鍵がかかっているので併設の販売店の人に開けてもらう。US2$だが、お釣りの3$がないと困っているので、相当のものを販売店で買うことにする。売り場の方は結構まともなものを扱っていて、頼まれていたお土産をGetすることができた。買い物しに行くのならお勧め。

チャリで宿に帰る道中で雨に降られる。空気が湿っぽくなった(最初から湿度80%ぐらいなんだけど)と思うと、忽ち叩きつけるような強い雨になる。樹木も大きいので、慌てて木陰に入ればかわせるが、長くなりそうなので手近な店でマンゴーラッシーを飲む。旨い。夜は明日の段取りとか、従業員に日本語教えたりしてだらだらと過ごす。

Baganの写真2

7/13(火)ボッパ山とインレー湖
Baganはあまりに暑く、遺跡もあらかた見てしまったので、早めに切り上げてInle湖に行くことにした。Inle湖は飛行機で行くとHehoが最寄になる。帰りの飛行機はHeho->Yangonだけ予約していたので、何らかの方法でHehoに行く必要があるのだが、飛行機もなんなので、途中ボッパ山によりながら車で行くことにした。Bagan->Inle湖は直線距離で200Kmぐらいだろうか。車のチャーター代は90$。原油価格の上昇を反映して高いが面倒がなくてよい。ドライブがてら1日がかりで移動する。

6:30に出発して、ボッパ山には1時間強ぐらいでついた。残念ながらボッパ山は雲の中で、時おり雨が混ざるような天候である。下からの奇観も上からの俯瞰もいまいちだったが、妙なテーマパーク系で楽しめた。

後はInleまでひたすら走る。Meiktilaで昼食をはさみ、Kalawの直前ぐらいまでは平原である。Kalawはトレッキングのベースになる風光明媚な避暑地であるが、雨季は足元がぐちゃぐちゃになるのでトレッキングは残念ながら見送り。山道に入ってからしばらくすると車がパンクした。タイヤ交換の間路傍を歩いていたら、そこいら中にオジギソウが自生していた。ひたすらお辞儀させる。

Inle湖のベースになるのは、Nyaungshweという町である。ようやくNyaungshweについたのは5:30頃。ネットで調べておいたAquarius Innにチェックイン。6$。エアコンなしだが、標高が高いこの辺では、ファンだけで十分涼しい。

7/14(水)Inle湖巡り。
Inle湖めぐりの一日ボートに乗る。6,000k。客は自分と、何故かBaganからきた運転手の一人。運転手は2人だったが、若い方がもっぱら運転して、オーナーらしき年配の方は半分遊びみたいだ。若い方は、昨日パンクしたタイヤを調達しに行った。

この日にInle湖巡りすることにしたのは、丁度5日おきに違う場所で順繰りに開催されるというマーケットが立つ日だったからである。モーターボートに乗って、まずは本日のマーケットの開催されるMintoへ走る。最初は水路を走るが、じきに湖にでる。相変わらず雲の多い生憎の天気だが、波も少ない浅い湖の水面を滑るように走るのは、昨日までの酷暑を忘れさせる爽快さだ。湖はあまり高くはない山々に囲まれているので、低地地方の暑気からは屏風のように遮られているのかも知れない。

マーケット自体は野菜などを商う変哲もないもので、多少民族系の人がいるのが珍しいぐらいで、観光客は特に買うものもない。年配の運転手は、なにやら布地を仕入れていた。

また湖に戻って、次はシルク工場へ。要は安いツアーと同じで、バックマージンを貰っている店舗付きの工場を巡るのである。しかし、そこはミャンマーのこと、どの店も商売気が薄く、一通り見学したらお茶飲んで豆食べて休憩して終わりである。工場は水上家屋で行われている家内制手工業で、最初は興味を引かないでもないが、段々飽きてくる。

タバコ工場の後、昼食を挟んで、水上寺院、銀細工工場を見学。

最後に、一番楽しみにしていたNga Phe Kyaungという寺院に行く。この寺は、猫が輪をくぐる芸をするので有名なところである。最初はコースに入っていなかったので、行く人があれば確認しておいた方がいいだろう。

寺はトタン屋根が葺かれた木造の水上家屋である。入り口へはボートでアプローチする。中に入ると、がらんとした板敷きの本堂があり、中央になんだか雑多な感じにいろんな仏像が立ち並んでいる。 その本堂の一隅に、絨毯が敷かれたゾーンがあり、観光客が何人か座って茶を飲んでいる。よく見るとそこいら中猫だらけである。小さいのが多い。一緒になってお茶を飲んでいると、程よく客が集まるのを待っていたらしい坊主が、猫をかき集めはじめた。いよいよ芸をさせてくれるらしい。わっかを片手に持って、もう片方の手で猫に合図をすると、わっかをくぐるではないか。それだけだが、どの猫も仕込まれているらしく、みんなが写真を撮りおわるまで次々と輪くぐりをしてくれる。

後は、子猫を撫でてニヤニヤしたりする。いい年の男が子猫を膝に乗せて相好を崩しているのはみっとも良いものではないだろうが、崩れてしまうのは仕方がない。坊主と世間話をしたりもするが、どうもこの坊主は、ずっと観光客の相手をして、猫に芸をさせて一日暮らしているような風である。修行とかしなくていいのかなあ。

ガーペーション寺院の写真

4時前に町に戻る。舟に乗っている間は雨も降らず、気持ちが良かった。もっと雲が少ないと景色も違うのだろうが、今日ですらまた日焼けをしてしまったぐらいなので、これぐらいで我慢をしておこう。

明日は、Pindayaの洞窟に行くことにする。本当は2日ぐらいのトレッキングに行こうと思っていたのだが、雨季は道がどろどろなのでとてもトレッキングどころではないらしい。かわりに勧められたのがここなのだが、ガイドブックを見るととにかく仏像がたくさんあって、中が迷路になっていたりするらしい。変なところで楽しそうなので行くことにする。

Pindayaへは、同じ宿のイギリス人と車をシェアすることにした。20$ each。残り数日しかMyanmarに滞在しないので、持ち合わせがないから連れてって欲しいというようなことを言われたが、妙なたかり方をされると、こちらがケチだと言われているようで業腹だ。地球の裏側まで旅行しにくるぐらいだから貧乏なわけがあるまいに。結局折半になった。インドを2ヶ月ぐらい廻ってきたという女性で、ずっとこんな旅の仕方をしてきたんだろうかと勘ぐってしまう。

インレー湖の写真

7/15(木)Pindaya洞窟
Pindayaへは2時間ぐらいのドライブでついた。イギリス人と車に揺られながら、数十年前にはここMyanmarでイギリスと戦争していたことを思い出すが、特に感慨も浮かばない。車窓から濃い湿ったジャングルを眺めながら、当時戦争しにきたのではなく、現在観光にきているのであって本当によかったとは思う。こんなところで思いザック背負って直進軍行など全くしゃれにもならない。オウムを肩に乗せて出家したくもなろうというものである。

洞窟の中はまるで仏教テーマパークである。正面入り口には乗ってみたくもないがガラス張りのエレベーターがついている。入場料を払って洞窟の中に入ると、中は金ぴかの仏像だらけだ。立っているもの座っているもの、大きいもの小さいもの。あまりにたくさんあるので、ついには図と地の関係が逆転し、人間は仏像の狭間を歩くことになる。ふと見ると「MAZE」と看板がある。仏像で迷路である。ありがたいんだか罰当たりなんだか判らない。ふざけて作ったのかと思うと、熱心に拝んでいる現地の人がいたりして、その真意は計り知れない。Myanmar人恐るべし。

帰ろうとすると、ドライバー氏の顔色が悪い。かなり辛そうだ。Hehoまで運転し、そこからNyaungshweへは、ドライバー氏の知り合いの車に乗り換える。彼らはそこから折り返しBaganに帰っていった。さらば。

戻ってからは町をまたぶらつく。水路沿いを歩いたりしてみるが、一昔前の日本の田園風景に近いのではないかと思う。自分でも明らかな記憶はないが、母方の田舎である東北に子供の頃に行ったのをおぼろげに思い出す。Myanmarの子供も凧揚げをして遊ぶようだ。

夕飯は、宿のオーナー家族と一緒に食べた。豆腐と野菜の汁物など。Shanの料理だそうだ。ShanというのはInle湖のある一帯の地名であるが、昔はShan王国があったそうである。現在でもShan州独自の軍があったりして、かなり独自性が高いと言う。Shan料理もまた油っぽいMyanmar料理と違っていて、食材、味付けともに日本料理に近い。Inle湖周辺は、日本人観光客には居心地の良いいいところだ。

ピンダヤ洞窟の写真

7/16(金)温泉
もう近隣のめぼしい観光地も廻ってしまったので、ぶらぶらするだけである。思えば随分熱心に観光したものだ。Myanmarに限らず観光地だからと言って、そんなにたくさんの見ものがある訳でもない。また、実際行ってみて、そこで何か感慨を抱くようなことがあるかと言うと、むしろ、こんなものかと思うことの方が多いくらいである。これまでも薄々そんなことには感づいていたが、BaganのPagodaの大群を廻るうちにはっきり気が付いた。ただ、行っても大した事がないと判っていても、行かないと気持ちが悪い。こういうのをフラグハンターと言う。たまにこの自分の熱心な観光癖が煩わしくなることもあるが、旅行の原動力の一つであることも確かである。この癖が昂じると、パスポートのスタンプ集めたり、百名山周りをはじめたりするのである。要するにコレクターであり、オタク気質なのだ。

話が逸れたが、とにかくもう今回の旅行の目的(そんなものはないのだが)を果たしたような気分でぶらぶらするだけである。

またチャリを借りて、近くにあるという温泉に行ってみることにした。昨日歩いた田園風景の中をチャリをこぐ。よく見るとやはり日本とは植生が違う。木がでかい。あと道が悪い。ガタガタだ。そういえば何故かペダルも軸に対して直角に付いていないので、長時間こいでいると辛い。温泉を通り越して、さらにしばらく走るとHupin Hotelの看板が見える。そこをくぐってさらに進むと、丘の上にちょっとした寺院がある。チャリをおいて階段を上がると、Inle湖を一望できて気分が良い。ここから先は道が悪すぎてチャリでは進めないようだ。折り返して、温泉に戻る。温泉のそばの丘の上にも寺があり、ここからも見晴らしが良い。暫し風に吹かれてから温泉に下りる。

温泉の入場料は1$。でかい露天で、見た目は小さなプールである。水着着用で入るが、もってきていないのでトランクスで入る。他に客はスペイン人が一人だけ。日本人の休みが短いという話をするが、その話をするのも相手のリアクションももう飽きた。

温泉の道中の写真

夜飯を食ってから宿に戻ると、オーナーが待っていた。また一緒に飯を食おうと思っていたらしい。申し訳ない。

7/17(土)Inle最終日
Inle湖最終日である。明日はYangonに戻る。Yangonに戻ったらすぐTokyoに帰る。東京に帰ったら仕事が待っている。そんなことを考えるとそろそろ辛い。

ゆっくり起きて、Shan州のMuseumに行ってみる。広々とした邸宅を改造した博物館で、収蔵物は興味を惹かれるようなものはないが、風通しの良いフローリングの床が気持ちいい。

マーケットでお土産に「Golden Triangle」という危険な名前を冠したタバコを買ってみる。まさか大麻が入ってはいないと思うが。安い麺を食べていたら、珍しく日本人観光客に会ったので温泉を勧めておく。彼らも観光に熱心な人たちだった。

15:30からカヌートリップしてみた。小さな手漕ぎカヌーでInle湖の水路を廻るのである。昨日あったドイツ人夫婦に勧められたのである。なお、奥さんの方がデング熱にかかって、しばらく寝込んでいたらしい。大変だ。おばちゃんが漕ぐカヌーでまたタバコ工場や寺院を廻る。葦に覆われた水路をゆっくりと進む。先日のボートに比べると、生活している人の視線である。寺では80ぐらいの坊さんが18才の時に日本語を習ったと流暢な英語で話してくれた。まだカタカナひらがなは読めると言う。日暮れまでみて戻る。

カヌートリップの写真

この日はオーナーの息子が大学から戻ってきていて、少し話をした。コンピュータをやっているそうで、C++とかVBとかやってるとのこと。大学はShanの州都にあるが、森の中で大学と言うより軍キャンプのようだと言っていた。さもありなん。日本で仕事できる可能性あるか、と聞かれたので、まず無理だろうと思いつつも日本語ができればね、とか言ってみた。

7/18(日)再びYangon
HehoからYangonへ飛行機で戻る。あっという間だ。イギリス人は18時間かけてバスでYangonに戻ると言っていた。時間があればそれも悪くない。

お金が余っていたので、豪遊することにする。手始めにいつものように安宿ではなく、中流ホテルであるYuzana HotelのShwedagon Pagodaが見える部屋に33$でcheck in。Shwedagon PagodaはYangonのランドマークでありMyanmar最強のPagodaである。小高い丘の上にあり、さすがに距離があるのでそのでかさは感じ取れないが、安宿とはちょっと気分が違う。バカンス感がある。

スーパーマーケットなどを見て歩く。日本のデパートのような感じで、輸入品も扱っており情報の発信地になっているようだ。NetCafeや、スタバっぽいカフェまであった。さすがに首都である。

晩飯も奮発して、Karaweik Palaceというところで食べた。食事しながらステージで伝統舞踊や文楽のような人形劇などを鑑賞できる。5,000kとお高いが、十分その価値はあるだろう。飯も旨い。

7/19(月)最終日->日本へ
最後にとっておいた、Shwedagon Pagodaに行く。とにかく巨大である。そして金ぴか。ネパールのボダナートでも感じたが、この手の宗教施設はでかければでかいほど気分がよい。功徳とご利益が違う、そんな気になる。ここも仏教テーマパークであった。

午後の飛行機でSingaporeに飛び、日本には20日朝帰着した。顔と腕が真っ黒だ。

まとめ
人が親切だと聞いていたが、それもミャンマー人を正しくあらわしてはいないように思える。もっとさりげない優しさみたいのがある。イラン人も親切だが、それと比べると控えめな親切さみたいな。日本人の感覚に近いかもしれない。

暑い、飯が不味いは前評判通りだった。迂闊にチキンカレーを頼んだら、フライドチキンが油に浮かんでるものが出てきて面食らった。ただ、暑さは平原地方だけで、Inleまで行くとかなり凌ぎやすくはなった。Yangonは湿度も高いし、暑いし、飯も不味くて最悪だ。首都なのである程度出せばそれなりのサービスは享受できるけど。

車でBaganからInleに移動するときに特に感じたが、かなり多くの人たちが貧しい暮らしをしている。ちょっと幹線道路から外れると、大体掘っ立て小屋である。物価も体感日本の10分の1だ。近いこともあって、タイからのツアー客も多いようだ。

政体があれってこともあるんだろうが、人心も国の経済も、まだビルマの竪琴の世界のまま、この国は取り残されているような印象である。

おしまい